Naknet blog

Nothing to believe, nothing else to believe.

<< 定額給付金の混乱〜「世論」って? | main | 一体何を「調査」しているのか? >>

cblsrv + FT2232 Mod + ISE10.1.2 Fix

Xilinx社のISEには、デバイスのプログラムやデバッグのためにiMPACTというソフトウェアが搭載されており、パラレルケーブルなどを用いてデバイスと通信することが可能です。

iMPACTにはリモートケーブルという機能が搭載されており、TCP通信で遠隔地のデバイスを操作することも可能になっています。このサーバーは、Xilinx社純正のCableServer.exe以外にもオープンソースの実装があります。

iMPACTはXilinx社のいくつかの書き込みケーブルにしか対応していないので、例えばFT2232を使ったUSB-JTAG変換装置をiMPACTから直接使うことはできないのですが、このサーバーをFT2232に対応させることでiMPACTから直接扱えるようにされた方がいらっしゃいます。

ところが、先日これをISE10.1.3から使おうとしたところ、fenrir氏のblogの中田さんのコメントのような症状が出てしまい、うまく使えませんでした。
そこで、これを解析して、ISE10.1.3からも使えるようにしました。ので、公開します。
ついでに、色々と怪しいところがありましたので、そこも修正しました。
変更点に関しては、ソースコードに //[[nakatomo]] とマーキングしておきましたので、興味がある方はdiffを取るなりしてみてください。



comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

  • "http"等はNGワードになっています。
  • どうしても投稿できない場合・返信が必要な場合は、メールでお願いします(nospam.を削除してください)。

Trackbacks