Naknet blog

Nothing to believe, nothing else to believe.

<< EMF to EMF+ Converter | main | Digital Photo Frame Screen Saver (dpf.scr) v0.03 >>

Digital Photo Frame Screen Saver (dpf.scr)

新作です。

説明

Windowsにおまけでついてくるスライドショーのスクリーンセーバーは、マルチディスプレイで使うと上手く表示できないことがあります。

そこで、マルチディスプレイ対応の、スライドショーのスクリーンセーバーを作りました。

名前はずばりです。随分高価な写真立てですね(棒)

ただ表示するだけじゃ面白くないので、画像のExif情報を取得して表示できるようにしてみました。



動作画面

設定

設定画面
dpf-setting

実際の設定を見てもらえれば一発で分かると思いますので、分かりにくいところだけ説明します。

  • File Name Filter
    • 表示するファイルの名前を正規表現で指定してください。
    • 特に指定しない場合は空白にするか '.*' でいいでしょう。

注意

  • C#で.NET Framework 3.5を使って作ってます。なので、ランタイムがないと起動しません。WindowsUpdateで入れてください。
  • 必要な部分以外は例外をトラップしてませんので、エラーがあるとそのまま落ちます(笑)
    • エラーチェックしてない方が悪いんですが、大抵は設定ミスだと思いますので、点検してください。
    • 良くわからなければコメント欄かメールで聞いてください。
  • Exifは良くあるやつしか見ていません。
    • どうしても欲しいTagがあれば教えてください。
  • シングルディスプレイ環境で使う意味はあんまりない気がします?

インストール

  • dpf.scrを適当な場所に置き、右クリックして「インストール」してください。
  • 設定ファイルは
    • C:\Users(hogehoge)\AppData\Local\digital_photo_frame_scree (Vista以降)
    • C:\Documents and Settings(hogehoge)\Local Settings\Application Data\digital_photo_scree (XPまで)
  • にありますので、消せばアンインストールできます。

ダウンロード

Ver.0.01

ちょっとバグがあったので直しました。
Ver.0.02

※この記事が出た後に更新されている可能性がありますので、Softwareで確認してください。

comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

  • "http"等はNGワードになっています。
  • どうしても投稿できない場合・返信が必要な場合は、メールでお願いします(nospam.を削除してください)。

Trackbacks