Naknet blog

Nothing to believe, nothing else to believe.

再インストール

いろいろと不安定になってきたんで、OSを入れなおしました。
今、環境の復旧作業の真っ最中です。

完全に復活するのは明日になるかも。
comments (0) | trackbacks (0)

レ・ミゼラブル

親+祖母に連れられて帝国劇場に見に行きました。

迫力ありますね。最後に合唱するところはかなり来ました。仏国史をもうちっと勉強してから見ると面白かったんでしょうか。
# 眠くなければ最高でした。ここんところ忙しくて殆ど寝てない……。

で、全く関係のなさそうなところから驚愕?の事実発覚。
生天目仁美氏(http://naba.chu.jp/)の日記、5/1の所を見ると、

> 今日は母と「レ・ミゼラブル」を観にいきました。

………

同じ会場ですね。昼の部なら同じ時間です。
氏の名前はTH2のスタッフロールで、何やら珍しい名前があるということで記憶に残り、本日は声優について適当にぐぐったりしていたところを偶然に発見。

彼女が役者になろうと思ったきっかけになった作品だそうで、なるほど、分かる気がします。

人を動かす力を孕んでいます。
話も、最後はdarkな終わり方をせず、明日への希望を提示しつつ幕を引いた点が個人的には気に入りました。
罪だの罰だのとぐだぐだぼやいた挙句、最後には鬱しか残らないような話が大嫌いな私にとっては、そういった要素を盛り込みつつも、光を奪わないこの「レ・ミゼラブル」にはいろいろと見習うべき点があると感じました。

詳しくなると他にもいろいろと注目すべき点が浮かぶのでしょうが、素人に私にはこのくらいしか言えません。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

buggy SoftEther

まだbetaなんでbugが出るのもしょうがないと思うんですが、一応。

・インストールしていると、AFDのDefaultReceiveWindow/DefaultSendWindow、NICのTCPWindowSizeが強制的に65535に固定される。これは、ユーザーが再設定しても再起動すると再びこの値に戻される。[2.0b2]

・Clientの再起動直後、DHCPサーバーからアドレスが取得できないことがある。これは一旦NICを無効にして、再び有効にすることで直る。然し、無効にするときにPCが落ちることがある。[1.0/2.0b2]

環境
Intel Pentium4 3.20E D-0
2048M RAM
ASUS P4C800-E Deluxe/Intel i875P+ICH5R
comments (0) | trackbacks (0)

ToHeart2

思い出したようにWindows版で再プレイ。

さくっと由真クリア。愛佳さんをやろうとも思ったけど、途中で由真選ばなきゃいけないんで先に。
システムはPS2より圧倒的に快適。

最初にプレイしたときより話が分かるようになった。テキストのノリで魅せる作品じゃないけど、シナリオは中々上質。
笑わせてくれるところもないわけじゃないし。
それよりも、やっぱりキャラを描くのが上手いと思った。文章的な面白さはないけど、そこから伝わる「世界観」や「人物像」には脱帽。

それはそうと、やっぱ由真かわいいっす。
やってるのは何の変哲もないふつーの「学校生活」だけど、何故かそれが妙に魅力的に感じる。
生物学的には真に奇妙な空間で生活してるせいで、他の人にとってはささやかな、なんでもないことでも羨ましいと思う。

こういう世界に生きてみたいなぁ……。
comments (0) | trackbacks (0)

国民の権利について

憲法改正ですってね。

そこで一つ提案。
・国民の義務として「他人に不必要に干渉しない義務」を
・国民の権利として「他人に干渉されない権利」を
それぞれ追加したらどうでしょうか。
comments (0) | trackbacks (0)

COMとCommon Dialogの微妙な関係

っていうかバグ見つけました。

[症状]
::CoInitializeEx( NULL, COINIT_MULTITHREADED );
としているスレッドから
::GetOpenFileName()
すると、表示がおかしくなる。
(マイコンピュータの中身が表示されない、ファイルの種類を切り替えると表示されている中身が全部消える、など)

[対策]
::CoInitializeEx( NULL, COINIT_APARTMENTTHREADED );
とする。
或いは、
::CoInitialize( NULL );
とする。

従って、COMでMulti-Threading Modelを使いながらGetOpenFileName()は使えないことになる(排他)。

[環境]
Windows XP SP2 (build 2600.xpsp_sp2_gdr.050301-1519)
Platform SDK - Windows Server 2003 SP1

[嘆き]
……………………………………………………。
どうしろと。

[一言]
Windows Media Format SDKでごにょごにょするプログラムを書いてるときに発生しました。
ぐぐったところ、SHBrowseForFolder()でも同様の症状が発生するそうです。
MSDNに書いとけよ……。

どうしよ、Encoderを別スレッドに移植するか?
そうすると同期が面倒だな……。

メインスレッドからGUIとEncoderをそれぞれ分離?
fpsゲーでやろうと思ってたことだけど、わざわざそんなことしたくないし。

でもしょうがないか。

どっちにしろ、スレッド間 synchronized request interface を作らなきゃならないし。
CThreadからCRequestableThreadを派生。
requestを処理したいところで、this->process_request()としてチェック。
処理が停止する問題があるから、process_request()とprocess_all_requests()の二つを作ったほうがいいか。
requestごとに構造体作るやり方で行くか。

使用側のinterface ... bool request( bool synchronized )

めんどくせ。
comments (0) | trackbacks (0)

Avisynth

結構便利かも(今更)。

適当にバッチファイル作って、後はD&Dしまくるだけで完成。
IT()の精度も意外に高いし、結構満足してる。

後はCMカットをどうするかだな。いちいち分割フレームをメモって……っていうのは面倒くさいし。でも、それが一番手っ取り早いかな。
こんな感じのバッチを作る:
makeavses_3_2_3_2.cmd src.d2v 300 400 500 600 700
... それぞれの分割点で分割するavsを作る。
Import()するscriptを作るといいのかな?
そうすれば.cmdの中に全部書く必要なくなるし。
comments (1) | trackbacks (0)
1/1