Naknet blog

Nothing to believe, nothing else to believe.

海外ソフトの文字化け

っていうかFontLinkすればいいことが発覚。
……まぁ、気にすんな。
comments (0) | trackbacks (0)

文字化けFinal

前回の続きですが、Fontlinkすると、例えばGoogle NewsやWikipediaのフォントがMS UI Gothicになるなどの弊害があります。
UI Gothicで文章を読むようなことはしたくないので、やっぱりこれでは非実用的です。なら別のフォントにLinkすればいい、とかそういう問題じゃないような気がします。

結局ソフト側でまともなフォントを選択してくれればいい話なんで、ここはバイナリ書き換えで、環境への影響を最小限に止めるのがベストではないでしょうか。

というわけで、ステータスバーのフォントサイズも修正した最終版を掲示し、この話題は締めることとします。

0x00005C41: 08 -> 09
0x00135A58: A4 -> 94
0x0037A5 97-A0: ASCII "MS Sans Serif" -> ASCII "MS UI Gothic" + 00

一番上がフォントサイズ。9ptにしときました。
対象ファイルは前々回と同じです。Audacity.exe v1.2.3 4,739,156bytes
comments (0) | trackbacks (0)

RMA Completed

日教組とか自虐史観とかについて書こうと思ったんですが、たるいんでまずはこっちの経過報告から。

6/26に発送した、SeagateのST3120026Aですが、本日戻ってまいりました。

で、なんと、送ったのは「ST3120026A」のはずなのに、戻ってきたのは「ST3160023A」でしたw
# 120G->160G、Bufferは両方8M

伝票を見た限りでは、どうやら発送ミスということはなさそうです。なので、これはSeagateのサービスと考えていいのでしょうか……?
送ったときの梱包にしても、買ったときのブリスターケースに突っ込んでガムテでがんじがらめにしただけなので、送料500円の代価は余りにも大きすぎますw
# 当然、Seagateおすすめの梱包方式によって返送されてきました。
# 次回のRMAのときに使えますね。

勿論このHDは修理品です。ラベルが緑の縁のものになっていました。

早速設置してフォーマットしてます。
SeaTools OnlineのComplete testでは、(当然)問題なし。
通常(非クイック)フォーマットも通りました。
ただ、Warrentyに関しては元のHDと同じ期間が適用されていました。
耐久性に関しては過信しないほうがいいかもしれませんね。
# まぁ、HDに関しては「消耗品」なんで、日頃バックアップを取っていなければいけないのですが、如何せんメディアがないもので……。
# 特に音関係なんかはどうしようもないですね。65Gくらいありますし。

そういうわけで、RMAの報告でした。
comments (0) | trackbacks (0)

SoftEther バグ修正

以前、SE2.0の導入でTCP/IP関連のパラメータが勝手にいじられてしまう現象を掲載し、バグサポート宛にメールを打ちました。

そして今回SE2b3.2がリリースされたわけですが、要望をしたにも関わらず全く改善していないのでもう一度メールを送ったところ、「対応済みだが設定方法の掲載を忘れていた」という返信が来ました;;

「SoftEther VPN 2.0 Beta 版が TCP/IP パラメータを書き換える現象について」

ということで、今後は安心して使えそうです。
SoftEtherがんがれ。まじがんがれ。

[20:46 追記]
no_optimize.regの中身を見て唖然。
そういうところに独自エントリを追加しちゃだめでしょー。
……メール打っときます。
comments (0) | trackbacks (0)

音復帰

Quartz氏から借り受けたHDによって見事復活を遂げました。
今度からはキャッシュ用なんかに使いません。反省。

でもバックアップしときたいなぁ。
comments (0) | trackbacks (0)

時間だぶった

高校野球中継の影響でCTCは全て時間がシフトするわけですが、その影響でぺとぺとさんとかみちゅがダブった。
くっそー、Wチューナーじゃねえんだよなぁ。
誰かに録ってもらうか……。
comments (0) | trackbacks (0)

今期アニメ考察

折角新カテゴリ作ったんで、まともな記事を追加しておきますか。
とりあえず今期チェックするのは、以下:

ぺとぺとさん CTC Tue 25:30- 7/12-
かみちゅ Asahi Tue 26:40- 6/28-
涼風 Tokyo Wed 25:00- 7/6-
あまえないでよ CTC Wed 26:05- 7/6-
苺ましまろ TBS Thu 25:55- 7/14- 7/14=26:05, 7/21,28=25:59
D.C.S.S. CTC Sun 23:30- 7/3-
奥様は魔法少女 CTC Sun 24:00- 7/3-
ぱにぽに Tokyo Sun 25:30- 7/3-

となっております。

現在までで初回が放送されたのは、
かみちゅ、涼風、あまえないでよ、DCSS、奥様〜、ぱにぽに
です。

さて、それぞれについてですが、

かみちゅ
 ジブリを多分に意識した作品。多少オーバー気味のモーションなんかはそっくりですね。雰囲気作りは神レベルです。ただ、第一話は余りにもそれが強すぎて逆に萎えました。類似シーンが余りにも露骨だったんで。
 しかし、そういった過剰なジブリ色も第二話ではかなり薄まり、一つの独立した作品としてかなりいいレベルに行っています。かなりお勧めです。

涼風
 原作読んでないんでよく分からないんですが、まーよくあるマガジン系のアレです。いちごにも通じるところがありますね。
 っていうかそろそろこれ系は食傷気味。別にやってもいいけど、それプラスアルファがないと二番煎じの糞アニメです。
 その点でどうかというと、……微妙。
 まぁ、普通。原作好きな人はどうぞ。アニメだからどうこうっていうのは(少なくとも現時点では)ないと思います。

あまえないでよ
 これはAT-Xから来たやつですね。
 位置付けとしては、巷にありふれてる神道(神社)ネタのアンチテーゼ(?)で仏教(寺院)ネタを投下してみましたーみたいな感じでしょうか。OHP見ただけだとそんなもんだったんですけど、実際見てみると意外とレベル高くて驚きました。
 お約束的なエロ展開はとりあえずスルーするとして、まず原画。どっかで見たような気がするキャラデザなんですが、それほどありふれてるわけでもなく、個人的には結構新鮮でした。
 後は音楽ですね。メインヒロインの中の人が中原麻衣さんで、EDを歌ってるわけなんですが………トルタですか。SRを思い出してしまいました。
# 決してそっくりだというわけではないです。声が同じなだけ。
# SRとは方向性がまず違うし。
 曲も中々いい感じですし、CD購入の候補になりました。
 BGMは、その辺のと比べれば良い、程度ですか。コメディータッチ向けの音楽で、どことなくまほろに似てるような気がしました。
# 音の中の人は増田俊郎ではありませんでした。ただ、作曲は同系列な印象を受けました。
 結構お勧めです。一つ見てみてください。

DCSS
 DCの続編ですね。
 「あれから二年」という触れ込みで始まっているわけですが、これそのものの原作ゲーは存在しません。
 従ってアニメオリジナル展開となるわけですが、OHPによると、

  • 「枯れない桜」は散ってしまった

  • 「大切な人」は去った


ということらしいです。
 んで、キャラ紹介を見ても「朝倉音夢」なんて一言も書いてないわけです。
 どうやらこれは第一期のパラレル・ワールド扱いのようです。
# 少なくとも私はそう思ってます。
 具体的に言えば、(ゲームやった人なら分かると思いますが)音夢ルート入ったはいいが、最後に学校に行かなかったってやつです。従ってBAD END。桜は散り、音夢は去ったと。
 ……という展開を予想してたわけなんですが、案の定、のっけから手紙が読まれます。
 ここで安易に復活させるとも思えないんで、多分これは完全に別の話と考えたほうがいいです。
# その印象を強めるためにわざとキャラデザ変えたのかな?
 今回のメインはことりさんでしょうか。恐らく、萌え展開大幅カット&シリアス度倍増な「D.C.」になると思われます。
 「D.C.」の名を冠す以上、ある程度の萌え展開はあると思われますが、今回はそれもどこか「引っかかる」感じになるはずです。
 一期にはかなりはまった口なんで、期待してます。出だしは好調。
 音も、「D.C.」らしく、純粋に手間がかかってて良い感じです。一期サントラが良かったんで、今回も買うかもしれません。

奥様〜
 「何がしたいか分からなかったんで速攻見るのやめました。」
# 音は(無駄に)凝ってるっぽいんですけどね〜。
 ……まだ何か?

ぱにぽに
 苺と並んで今期のVHFメインですね。
 原作よりもノリが良く、独特の演出が多用されていて面白かったです。
 第一話の見所はやはり、「まちゃちゅーちぇっちゅ」でしょうか;
 例のほわほわした絵柄は健在で、良い感じに萌やしてくれます。
 ただ、それ以外に特筆すべき点が見当たらないのが欠点と言えば欠点でしょうか……。
 全体として高レベルにまとまっている&&独自路線を突っ走っているため、比較しようもないし突っ込みようもないです。「見てみてくれ」としか言えません。が、やはりかなり良い出来になっているのは事実なんで、期待していいと思います。
# ストーリーの面で、展開が「気になる」というのがないのも欠点と言えば欠点か。
 音は……普通かなぁ。
 鉄板です。安心して見てられるという印象を受けました。


さて、とりあえず現在の印象としてはこんなもんです。
かみちゅ、あまえないでよ、DCSS、ぱにぽには良い感じでした。是非録画してご覧ください。
# 私は起きてられません。

CDについてはレビュー中でも言及しましたが、
[ボーカルシングル]
あまえないでよ ... 中原麻衣氏の歌が良かったんで。
DCSS ... CooRieはデフォ買いですw

[サントラ]
DCSS ... とりあえず押さえておく必要あり。
あまえないでよ ... 今後の展開によっては購入。
かみちゅ ... ギター音源が良かったんで、買うかも。BGMには雰囲気が重要ですね。

こんな感じですか。
comments (0) | trackbacks (0)

にっき

今日あったこと:

・Efficent C++とWinsock2.0プログラミング発送したらしいです。
・凸とかとPangYaやりまくりました。
・あーそういえば今日はDCSSとぱにぽにじゃないかぁ

暇だからリアルタイムで見てくるかなw
苺はまだですねぇ。早く見たい。
今期は、かみちゅと言い ぱにぽにと言い 苺と言い、ぬるい系多いですな。
いい傾向だw

多分重要なのは、「それだけだと飽きる」ってことですかね。
ぬるいだけだと確実に飽きるわけですよ。だから、必然的に「それ以外の何か」が濃くなるわけですね。
それは例えば演出とか声とかそういう部分だったり、或いはストーリーそのものだったりするわけです。

期待してますよ〜〜>苺
comments (0) | trackbacks (0)

にっき

今日あったこと:

・Efficent C++とWinsock2.0 プログラミング到着。しめて9.5k也。痛い……。
・3.7k以上注文キャンペーンで「文庫カバー」を貰う。何に使おうか。色は青。
・総合社会のレポを2本仕上げる(予定ww)。とりあえず1本は終わったんだが、もう1本は書くことなくて進まない……。
・知り合いのblogを2つハケーンする。ただあんまり更新してなかった。もっといろいろ書いてくれ〜。
・PangYaはあと1000PPで靴買える。貯めちゃいたいところだけど、明日は出勤だからやめるのが無難か。
・部活の連絡網を回す。って、回したそばから配布物を持っていくの忘れそうで怖い。忘れたら取りに帰るくらいしないとだめだよなぁ……。
・昨日WMP10を、CatalystのWMV Accelerationを使うために更新。その副作用(?)でポータブルプレイヤー同期時のバグが消える。きたー。
・8時ごろ、メッセで「あほえしよう」と集まるが立ち消えに。復活にはまだ時間が必要なようだ。
・明日は電磁石の実験をしたい。うーむ。しかし顧問は採点で忙しいだろうから協力してくれるかどうか。
・試験最終日の活動は、顧問の一人が急病のため学校を休み、中止になったのだが、明日は来てくれるんだろうか。不安だ。
・歯列矯正のヘッドギアが蒸れる。このblogをホストしてる鯖機に熱がこもってやばい。夏ならではの問題がそろそろ出てきてます。

そんなもんです。
comments (0) | trackbacks (0)

ぱにぽにクオリティタカスwwwwwww

第2話です。

ぶっちゃけ、やばいですw
第1話でどこか見受けられた「ためらい」が消え、「フルスロットル」で爆走(暴走?w)を始めやがりました。
20分余りの間、いろいろなイベントを並列的に扱うことで、視聴者を飽きさせない構成にしてあります。
思わず噴き出してしまうようなシーンも多く、大満足です。
うさぎ小屋に入っていたときの猿のような顔など、恐らく何かのネタと思われる部分もかなりありまして、知っていれば更に楽しめること請け合いかと。
# 私は全然分かりませんでしたが。

また、原作に詳しい知り合い曰く、「無視してる」そうです。
個人的には、「ぱにぽに」なら無視してもそれほど問題ない、むしろ枷が外れて自由にいろいろやれて(やっちまえて)いいと思うのですが、どうなんでしょうか。やっぱり原作派の人には気に入らなかったりするんでしょうかね。
まぁ逆に言えば、原作を全く知らなくても楽しめるということです。
テレビ東京系列でやってるんで、まだの人は是非見てください。

この調子で行ったら最終回とかどうなってしまうんでしょう。
楽しみだ。
comments (0) | trackbacks (0)
1/3 >>