Naknet blog

Nothing to believe, nothing else to believe.

コメント投稿できなかったよ

なんとなくコメント欄のテストをしようと思ってやってみたんですけど、新システム導入後はどうやら投稿できなかったようです。
只今修正いたしました。

「開発環境」
 現在自分は「Visual Studio .NET 2003 theSpoke Premium」を使っています。5kで買えるprofessionalってことで、発売後速攻で買ってきた(註:初回限定「できる」パッケです)やつです。
 最近海の向こうで「2005」が発表されまして、また5kならアップグレードしようかなーと思ってたところなんですが、どうやら「2005」のAcademic packageにはtheSpokeはないようです。で、通常のAcademicはStandard相当らしいです。
 「2003」でも使えているところにわざわざ何万も出してアップグレードする意味はないんで、しばらく「2003」だなぁと思っていたところに、M$からダイレクトメールが。『「Get! Visual Studio 2005」キャンペーンのお知らせ』だそうで、何かと思ったら:
「2003 theSpokeを使っている人は、追加費用なしで2005 Professionalをダウンロードにより使える」
ということらしいです。
 現カーネルベースのWindowsにおける最後のVisual Studioってことでおまけしてるんでしょうか。Longhornになったらまたきっと別のが出るんですよね。

 とはいえ、要はまぁ嬉しいお知らせってことです。
 学生向け施策に関してはなんか後退するっぽい雰囲気ですが、教育関連の成果は十年二十年してからでないと出てこないんで、まぁ統廃合の対象になるのは致し方ないでしょう。会社にかなりの体力が(M$はある方だとは思いますが……)ないとやってられませんよね。

 Get〜キャンペーンの対象になるのは来年(2006年)2月末までに2003のPremium登録をした人だけなので、「もうすぐ2005出そうだから待とうかな〜」と思っている方がいらっしゃいましたら、直ちに2003を買ったほうがいいと思われます。

 あーでも、高速回線を持ってる人だけになるのかなぁ……。
 CD(DVD?)イメージの提供になるような気がするので、最低ADSLでないときついですよね。

 あと、それとはあんまり関係ありませんが、Express Editionは1年間限定でフリーで使えるらしいです。
# これもDLですがね。
 Express関連で言えば、SQL Server 2005のExpressもフリーだそうです。
# 開発者向けって位置づけですね。
 dbはPostgreSQLとかMySQLがフリーなんで(サポートを入れればそんなことはありませんが)、M$も殿様商売してたらシェアを奪えないんでしょうね。

 VS、SQL Server共に、日本では11/17に発表があるらしいです。
 以上、M$関連の話題でした。
comments (0) | trackbacks (0)

マラソン大会

乙でした。
450位(くらい)に入ってた陸上部のT氏は、走った後に吐き気と熱と頭痛が出たそうです。お大事になすってください。

というか、一番びりの人の順位が580(だっけ?)だったそうです。
高校は240 * 3 = 720人いますから、如何にさぼったり脱落した人が多いかということ。
それに高校になって10kmってことは、中3の時点で少なくとも7kmくらいを余裕で走ってなきゃいけないわけです。自分は5kmがぎりぎりでした。知り合いの中3の人曰く「今年が最後だからまじめに走りました」だそうです。
弁論大会みたいにさっさと廃止になればいいものを、この学校は妙に体育科が強く、教員主導のイベントはそうそうなくなりそうもないです。

せめて自由参加 or ランク分け(走りたい人は12kmとかにして一般は7kmくらいにする)して欲しいもんです。ぶっちゃけ体育の評価なんてどうでもいいですし。全体のレベルを下げたくないなら分けてくしかないでしょ。

以上、今年度マラソン大会雑感。
# ちなみに、自分は中学までは完走してました。
comments (0) | trackbacks (0)

かーれんだー

"calendar"の綴りを間違ってて、移行時から今までカレンダーが←に出てませんでした;
本気で勉強しないとやばいかもしれない。
comments (1) | trackbacks (0)

string_cast<>()

久しぶりにprogrammingネタでも。
MBCS<-->DBCSの相互変換で、C++のcastっぽくやってみようという企画です。
つまり:

std::basic_string< char > from = "hogehoge";
std::basic_string< wchar_t > to;

to = string_cast < wchar_t > ( from );

みたいにしたいと。
で、くそまじめに全部specializeするのも嫌だったんでtypelistを使って以下のようにしてみました:

namespace _private
{
struct no_conversion
{
template < typename _To, typename _From >
static std::basic_string< _To > convert( const _From *p ) { return p; }
template < typename _To, typename _From >
static std::basic_string< _To > convert( const std::basic_string< _From > &s ) { return s; }
};

struct convert_to_double_byte
{
template < typename _To, typename _From >
static std::basic_string< _To > convert( const _From *p ) { return to_double_byte( p ); }
template < typename _To, typename _From >
static std::basic_string< _To > convert( const std::basic_string< _From > &s ) { return to_double_byte( s ); }
};

struct convert_to_multi_byte
{
template < typename _To, typename _From >
static std::basic_string< _To > convert( const _From *p ) { return to_multi_byte( p ); }
template < typename _To, typename _From >
static std::basic_string< _To > convert( const std::basic_string< _From > &s ) { return to_multi_byte( s ); }
};

typedef typelist_2( char, wchar_t ) char_types;

// conversion matrix, 0 : char, 1 : wchar_t
// | char -> char, char -> wchar_t, |
// | wchar_t -> char, wchar_t -> wchar_t, |
typedef typelist_2(
typelist_2( no_conversion, convert_to_double_byte ),
typelist_2( convert_to_multi_byte, no_conversion ) ) conversion_matrix;
}

//----------------------------------------------------------------------
// function : string_cast()
//----------------------------------------------------------------------
// cast style string conversion
//----------------------------------------------------------------------
template < typename _To, typename _From >
inline std::basic_string< _To > string_cast( const _From *p )
{
enum
{
to_pos = tl::index_of< _private::char_types, _To >::result,
from_pos = tl::index_of< _private::char_types, _From >::result,
};

return tl::type_at<
tl::type_at< _private::conversion_matrix, from_pos >::result,
to_pos
>::result::convert< _To >( p );
}

template < typename _To, typename _From >
inline std::basic_string< _To > string_cast( const std::basic_string< _From > &s )
{
enum
{
to_pos = tl::index_of< _private::char_types, _To >::result,
from_pos = tl::index_of< _private::char_types, _From >::result,
};

return tl::type_at<
tl::type_at< _private::conversion_matrix, from_pos >::result,
to_pos
>::result::convert< _To >( s );
}

……まぁcharとwchar_tしか型は存在しないので、specializeしたほうが分かりやすいって言えば分かりやすいんですけど。
comments (0) | trackbacks (0)

「これが私の御主人様」感想

なんつうか、一応全部見たんで感想をば。

でも感想書くのめんどいんでちと私見を吐露してこのエントリは終わりにします。

本作は基本が「ああいう」ノリなんですが、こうも色々事件があると流石に引きますよね。
仮に事件云々がなかったとしても、ちとヤバイと思われます。放送自粛になったのも分かりますね。
別にこれはこれで「あり」だとは思うんですけど、自分としては最後はいずみの想いに心打たれて「心から」改心してほしかったですね。

例えば盗撮&ネットうpで本気で傷ついたシーン。
なんつうか「涙」をああいうノリで流してほしくなかったです。
義貴氏があれをきっかけに改心していくのかなーと思って見てたんですが、あれは流石に酷いでしょ……。

悪ノリしすぎだと思います。「愛」が感じられないです。
別に純愛をやれとかそういうんではなくて、(所謂「二次元」ではあるけれども)彼女らを一個人として尊重しようっていう意思が全く感じられません。それがただただ嘆かわしいです。

導入としてああいったものを持ってくるのは別に悪くはない、そればかりか「よくやった」とさえ感じます。
折角いい題材を持ってきたんだから、それをもっといい方向に活用しましょうよと。
引きこもりヲタが段々人間に心を開いていく……この時代にあってはまさに必要とされている主題ではないでしょうか。
その過程として勿論サービスシーンを入れたりするのは一手段として「あり」だし必要悪とまでは言わないまでも、表現手段としてOKですよ。
問題はそれが目的になってしまっていること。

偽善でいいじゃないですか。
それでもやらなきゃならないことはあるでしょうし、最低限踏みとどまらなければいけないラインがあるでしょ。

「御主人様」って言わせるのが最終目的ですか。情けない。

いずみ「これが私の『御主人様』でしょ!?」
義貴「いや、もうそんなこと言わなくていい。これから対等な立場で〜」

とかだったら、私は評価しました。
例えそれが「偽善」「綺麗ごと」などと言われようともね。

そういうことです。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)
1/1