Naknet blog

Nothing to believe, nothing else to believe.

HTMLジェネレータ

WikiっぽいソースからHTMLを作成するツールがずっとほしかったので、作ってしまいました。
最初はboost::spiritでやろうと思っていたんですが、結局Perlで作ることで落ち着きました。
Rubyとかでも良かったんですが、まぁPerlをもうちょっとやってみようかなと。

こちらから落とせます。また、マニュアルがここにあります。

以下、概要のところから抜粋

HTMLページをWikiライクなソースコードから生成するためのPerlスクリプトです。

Wikiは(キャッシュがあるとは言え)動的にページを生成しており、パフォーマンス上の問題があります。 また、生成されたページが全て同じスタイル・スキンで管理されるので、統一性はありますが、 ページごとに異なったスタイルを用いるなどの小回りが利きません。 更に、複数人で編集する必要がない「ちょっと相手に文書を見せる」ような用途にもWikiは大きすぎます。 かと言って.pdfや.docは専用のソフトがないと見られず、手軽さの面でHTMLには劣ってしまいます。

blogは、日記のような連続した、かつページ間での関連性が薄いコンテンツを数多く掲載するためには 非常に強力なツールになりますが、一方で「あるテーマに的を絞ったページ群」*1 を作ろうとすると、「カテゴリ」のような機能ではどうしても力不足で、一覧性も良くないため他のコンテンツに 埋没してしまいがちです。

そこで、単体で独立したHTMLページを生成するプログラムの必要性を感じ、このhtmlgen.plを作成しました。 似たようなものは探せば絶対に存在するはずですが、

- 文法などが好みに合わせられる

- 他の人が作ったものを改造するよりも、自分で1から作った方が勉強になるし融通も利く

- そもそも探すのが面倒くさかった(死

…という理由で製作することにしました。

Wikiや各種blogツールよりはTeXが近いと思います。勿論TeXでもHTMLを出力することは可能なはずですが、 論文のような文書よりはHTML寄りに作られたものの方が、何かと役に立つ部分があるのではないかと。

スタティックなHTMLを生成しますので、Wikiやblogと比べると、サーバーへの負担が減ります。 同時にロード時間も短縮されるので「軽い」ページを製作したい方にお勧めです。

当然ですが、ディレクトリ構成も全て自分でやることができますので、blogのように見通しが悪くなることが ありません。

comments (0) | trackbacks (0)
1/1