Naknet blog

Nothing to believe, nothing else to believe.

定額給付金の混乱〜「世論」って?

以下は私があるblogの記事に対するコメントとして書いたものです。
超長文になってしまいましたので、そちらのコメント欄ではなくてこちらに掲載します。


[要旨]
「世論調査」は単なる人気投票に過ぎず、意味はない。政府はこのような数字に一喜一憂するのではなく、信じる政策を粛々と実行すべきである。
また、マスコミが麻生内閣を叩かないことはあり得ないのだから、同様に無視するべきである。


定額給付金には二つの側面があります。一つは経済対策で、もう一つは個人に対する緊急避難的な経済支援です。

前者の、消費拡大を目的とした経済対策という側面を考えれば、まず額が足りません。一人当たり1.2万円なんてケチくさいことを言わず、やるなら一人10万円くらい出すべきでしょう。
また、給付金ではなくて、期限付きの割引クーポン方式にするといったやり方の方が効率が良いでしょう。しかし、すると後者の目的が果たせなくなります。

ところが、後者にしても、あちこちから反対されたせいで迅速性を欠いてしまい、効果のほどは「微妙」といったところです。

さて、そもそも定額給付金は、当初は定率減税の復活でした。これは公明党によるサラリーマン層対策ですが、これだと所得税を納めている人に対してしか減税になりません。本当に困っているのは所得税も払えないような貧困層だろうということで、定率ではなく定額の給付金にしようと言い出したことから混乱が始まったのは記憶に新しいところです。

ねじれ国会の下(※ねじれを生んだのは国民自身の判断だということをお忘れなく)、あまり尖ったことをしようとすれば、野党は勿論、官僚、日教組、マスコミ、…、あらゆる勢力から袋叩きにされ、政権は持ちません。給付金の額も、本音を言えばもっと増やしたかったところでしょうが、歳出を増やすということは財務省と正面衝突するということです。
どうしても安全運転志向にならざるを得ない中にあって、公明党の宣伝不足は致命的でした。普通に考えれば、お金をもらえるのが嬉しくない人はいないはずですからね。

このように両手両足を縛られている中での定額給付金「狂想曲」だったと私は認識しております。民主党支持者の方ならば、ここで「政権にしがみつかずに解散しろ!」と仰るところでしょうが、よく考えれば、定額給付金は「無駄遣い」にはなり得ません。また、弱者救済という方向性自体は間違っていないと思います。

100年に一度の経済危機に当たっては、本来ならば野党も与党も一致団結して乗り切っていかなければならないはずです。ところが、野党は常に政局第一で、政府の足を引っ張り続けました。そしてマスコミがそれに加担した結果、本来はあった効果もなくなってしまいました。
再度強調しますが、官僚政治の打破を目標とし、国家公務員法の改正などを行った安倍元首相を引きずり降ろし、官僚の保護を選択したのは他ならぬ国民自身です。安倍内閣の「支持率」はおいくつでしたか?

勿論こんなものは国民の意思・世論ではありませんよね。大多数の国民にしてみれば「こんなはずじゃなかった」といったところでしょう:一方で公務員を叩きながら、もう一方で安倍内閣を叩くというのは矛盾しています。即ち、特定の政治勢力の主張を垂れ流しにするマスメディアによる「世論」は信用ならないのです。

技術的な問題もあります。例えば「あなたは定額給付金に反対ですね?」という質問だった場合、特に意見がない人はYesと答えるでしょう。こうした点で、外部機関によるチェックを受けているわけではありません。


追記です。今ちょっとRDD方式に関連して調べましたところ、面白いデータが出てきました。
総務省の発表 http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/080530_8.html によると、平成20年3月時点で、固定電話の加入数が5123.2万、IP電話が1753.5万、携帯電話が10733.9万らしいです。
世論調査で使われるRDD方式では、後ろの二つには電話はかかってきません……w

さて、これってどういうことでしょうね?私にはよくわからないなァ(棒


故に、「世論調査」は信用してはいけないのです。

また仮に、百歩譲ってその数字が正確に民意を反映していたとしましょう。それでも「世論調査」でいい数字が出るような政治をするというのは、他ならぬポピュリズム、大衆迎合政治であって、政治家はこれを厳に慎まなくてはならないと思います。

勘違いしてはならないのは、我々有権者は、決して特定の政策の実現のために政治家を選んでいるのではないのです;民衆は外交・安全保障より内政を重視しますし、時に短絡的です。今後数年だけではなくて、十年、百年と、文字通り「国家百年の計」を立てるのは一般国民には不可能でしょう。

つまり「世論調査・支持率調査はあくまでも人気投票であって、それで国家が混乱したり揺らぐようなことがあってはいけない」ということです。定額給付金なんて粛々とやってればいい話だったんです。

不必要に問題を大きくし、混乱を拡大させたのは……さて、ここまで来れば分かりますよね。

comments (2) | trackbacks (0)
1/1