Naknet blog

Nothing to believe, nothing else to believe.

NOVAC RadioMate NV-UR001

買いました

http://www.novac.co.jp/products/hardware/nv-radio/nv-ur001/index.html
買いました。

が、

音が割れる…orz

しかも、

http://www.driver.novac.co.jp/driver/ur001/ur001_faq.html (一番下)

Q.ラジオを録音する際、録音音量の調整を行い音量を下げて録音を行っているのですが、会話などの

  音声については問題ないのですが、音楽などの低音域でビリビリと音が割れてしまうのですが・・・

A.本製品の特徴として『Radio Mate』(機器側)では瞬時に適正な音量になるように調整し、会話も音楽もほぼ同じ音量にななるように

  設計されております。

  そのため、『低い音の聞き取りにくい音でも自動で聞き取りやすく増強してしまう』というマイナス面もあり、音楽などの低音域が

  強くなってしまうため音が割れてしまうことがあります。ご了承ください。

…ああん?

音楽などの低音域で

嘘です

どんな音だろうが割れます

うぜーー。

そこで

回路を解析しました。

調べたところ、構成は
[AM/FMチューナーIC]->[イコライザ]->[A/D内蔵マイコン]
という風になっているようでした。

で、オシロで信号を調べたところ、チューナーを出たところでは別に割れてはいない。
ところが、A/Dに入る手前で見ると、振幅が大きくなるところで3.3Vに張りついている。つまり飽和してるわけですね。
要はイコライザのgainが高すぎるのが悪いわけです。

回路

そこで、イコライザ(基板裏)付近の回路を起こしてみました。

NV-UR001_mini

上が元の回路、下が改造後の回路です。

元々は低域強調か何かのために、OpAmpを使用したイコライザの回路になっているみたいですね。
ここのgainが高すぎるために、Ampが飽和し、音が割れてしまっています。

本当は入力を半固定VRで分圧して調整できるようにすればいいんですが、本体のサイズが小さく、VRを入れる余裕はなさそうな上に、パターンカットをやらなければならなくなりそうだったので、やめました。

そこで、次善の策として、イコライザ部分を単なる非反転増幅回路に改造することにしました。

本当はここの回路定数を調べて、元の回路と同じ増幅曲線を実現できればいいんですが、あいにくチップキャパシタには容量の表記がないため、諦めました。

定数は、

  • C9,C13 -> RC9,RC13=120k
  • C18,C19 -> RC18,RC19=220k

にしました。
この値なのは、あり合わせのチップ抵抗を使ったからです。若干gainが足りない感じなので、C9,C13は60~80kくらいでもいいかもしれません。

また、元の回路では少し余計にバイアスが乗っているようだったので、VccとGNDのちょうど真ん中に入力を吊るように、

  • R9,R15 -> 120k
  • R10,R16 -> 120k

としました。

以上の改造で、音割れもなく快適に聞けるようになりました。

続きを読む>>
comments (2) | trackbacks (0)
1/1