Naknet blog

Nothing to believe, nothing else to believe.

asfmplexデバッグ版

asfmplexが遅いという話をたまに聞くのですが、それは遅いのではなくフリーズしているのかもしれません。

asfmplexは内部で若干ややこしい処理をしており、また進捗状況を表示していません(面倒なので…)。なんで、中々終わらないなァと思っていたら、実は止まっていた、という事例もたまにあります。

見分ける方法は、

  • ディスクアクセスがない。
  • タスクマネージャでメモリ使用量を見たとき、数秒単位で変化していない(ずーっと同じ値)。
  • CPU使用率が0に近い。

という感じです。

バグを直したいのは山々なんですが、そのためには「環境」と「ソースファイル」を揃えなければいけないので、大変です(SDKやWMPのバージョンによって微妙に動作が変になることがありまして)。

とは言え、しかし何もしないのもあんまりなので、デバッグ用のログを出力するバージョンを公開します。
※VC2008 SP1ランタイム http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=a5c84275-3b97-4ab7-a40d-3802b2af5fc2 が必要です。

この現象でお困りの際は、環境と一緒に、カレントディレクトリに出力されたログファイルを、zipで圧縮してメールでお送りください。

解決に結びつくことがあるかもしれません。

comments (4) | trackbacks (0)

AsfMPlex 0.08 Released

遅いという指摘のあったasfmplexですが、軽くプロファイリングをしたところ、かなり無駄な処理をしていたことが発覚しました。

各スレッドの調停のための待ち時間を調整したところ、従来のasfmplexより3倍(当社比)程度の高速化が確認できましたので、ver.0.08としてリリースします。

Softwareよりどうぞ。

代償として、多少CPU使用率が上がる可能性があります。

速度向上の可能性があるのは、

  • 最近の高速なマルチコアCPUを使っている。
  • ソースファイルと出力ファイルを物理的に別のディスクに配置している(読み込みながら書き込んでもパフォーマンス低下が少ない)。

環境になります。

続き:今までの更新履歴

続きを読む>>
comments (3) | trackbacks (0)

IYHの日々

最近IYHしすぎなので、自戒の意味を込めて、今年IYHしたものをリスト化。

今年後半の主なIYH

  • [9/29] Sapphire RADEON HD 5870 (1GB GDDR5)
    • 新型が出るということでIYH。$379.99+$43=$422.99≒38k
  • [10/13] Antec P183
    • VGA買ったら新しいPCだろうJK。ケースどーすっかなー。P183がきになる!ふしぎ!ということでIYH。17k
  • [10/13] AMD Phenom II X4 955 BE BOX
    • Corei7高いし、たまにはAMDもいいだろうということでIYH。19k
  • [10/13] Gigabyte GA-MA790XT-UD4P
    • VGA積むから785の内蔵グラフィクスはいらねぇなということでIYH。14k
  • [10/13] Sanmax SMD-4G88NP-13H-D
    • メモリはケチらず秋刀魚を積もうということでIYH。11k
  • [10/13] Seagate ST31000528AS
    • 当時は東芝SSDが出ていませんでした。8k
  • [10/13] Pioneer DVR-217J BK
    • πのドライブってどうなの?ということでIYH。5k
  • [10/13] Antec TruePower New TP-650AP
    • 前は江成電源だったなァ。次はAntecにすっかということでIYH。14k
  • [11/4] RATOC SA-RC1A-LGS
    • HDDの整理がなってないのでIYH。二つで12k
  • [11/5] Scythe SCKBT-1000 「兜」
    • リテールファンうるさすぎ…。3k
  • [11/21] Mitsubishi Diamondcrysta Color RDT241WEX
    • 地図で連休特価\49800+10%還元を発見し、次の瞬間にIYH。50k

合計191k

頭おかしい。

今後のIYH計画(懲りない)

  • ST31000528ASをリプレース
    • カッコンプチフリうざいっす。日立7K1000.Cの1T HDS721010CLA332 の在庫が復活したらIYH?それともSSDN-ST64B!?

物欲は尽きない。。。

comments (2) | trackbacks (0)

太陽光発電でCO2 -25%は可能か

「世界最大級メガソーラー発電所、関電が起工式 一般供給で国内初」
http://sankei.jp.msn.com/life/environment/091124/env0911241244000-n1.htm

とあります。
最近、太陽光発電でCO2を減らそう的なお話を良く聞きますが、本当にそれが可能なのかというのを検証したのが、「電気管理技術2009年8月号」掲載のこの記事↓
http://www.engy-sqr.com/media_open/others/itou090919.pdf
(「エネルギー会」ホームページ http://www.engy-sqr.com/index.html に掲載)

要旨は、

  • 自然エネルギーで従来のエネルギーを代替するには、
    1. 量の限界
    2. コストの限界
    3. 質の限界
    4. の3つの限界があり、容易ではない。
  • 発電時にCO2を排出しないエネルギー源として、原発の利用を再考すべきだ。

となっています。

実際、冒頭の太陽光発電所では28,000kWの発電量があるとされていますが、この間の中越地震で被災し、設備が未だに止まっている柏崎刈羽原発は、原子炉1基で定格1,356,000kW(6,7号機)、7基すべてが稼働すれば82,120,000kWの発電量がある計算になり、文字通り桁が違うわけです。しかも太陽光発電は一日のうち数時間しか発電できません。

国内に広大な砂漠があるなど、人が住んでいない土地が大量に余っているというのなら別ですが、日本にはそんな土地はありません。山を切り開いてしまえば、CO2を吸収する森林を失うことになります。

実際、一度は「脱原発」に動いた欧州でもこれを見直す動きがあるとのこと。
太陽光発電と聞くと夢のエネルギー的な語感がありますが、過度な期待はせず、現実的なエネルギー政策を採る必要がある、という話でした。

comments (0) | trackbacks (0)
1/1