Naknet blog

Nothing to believe, nothing else to believe.

AsfMPlex 0.08 Released

遅いという指摘のあったasfmplexですが、軽くプロファイリングをしたところ、かなり無駄な処理をしていたことが発覚しました。

各スレッドの調停のための待ち時間を調整したところ、従来のasfmplexより3倍(当社比)程度の高速化が確認できましたので、ver.0.08としてリリースします。

Softwareよりどうぞ。

代償として、多少CPU使用率が上がる可能性があります。

速度向上の可能性があるのは、

  • 最近の高速なマルチコアCPUを使っている。
  • ソースファイルと出力ファイルを物理的に別のディスクに配置している(読み込みながら書き込んでもパフォーマンス低下が少ない)。

環境になります。

続き:今までの更新履歴

続きを読む>>
comments (3) | trackbacks (0)

asfmplexデバッグ版

asfmplexが遅いという話をたまに聞くのですが、それは遅いのではなくフリーズしているのかもしれません。

asfmplexは内部で若干ややこしい処理をしており、また進捗状況を表示していません(面倒なので…)。なんで、中々終わらないなァと思っていたら、実は止まっていた、という事例もたまにあります。

見分ける方法は、

  • ディスクアクセスがない。
  • タスクマネージャでメモリ使用量を見たとき、数秒単位で変化していない(ずーっと同じ値)。
  • CPU使用率が0に近い。

という感じです。

バグを直したいのは山々なんですが、そのためには「環境」と「ソースファイル」を揃えなければいけないので、大変です(SDKやWMPのバージョンによって微妙に動作が変になることがありまして)。

とは言え、しかし何もしないのもあんまりなので、デバッグ用のログを出力するバージョンを公開します。
※VC2008 SP1ランタイム http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=a5c84275-3b97-4ab7-a40d-3802b2af5fc2 が必要です。

この現象でお困りの際は、環境と一緒に、カレントディレクトリに出力されたログファイルを、zipで圧縮してメールでお送りください。

解決に結びつくことがあるかもしれません。

comments (4) | trackbacks (0)

NOVAC RadioMate NV-UR001

買いました

http://www.novac.co.jp/products/hardware/nv-radio/nv-ur001/index.html
買いました。

が、

音が割れる…orz

しかも、

http://www.driver.novac.co.jp/driver/ur001/ur001_faq.html (一番下)

Q.ラジオを録音する際、録音音量の調整を行い音量を下げて録音を行っているのですが、会話などの

  音声については問題ないのですが、音楽などの低音域でビリビリと音が割れてしまうのですが・・・

A.本製品の特徴として『Radio Mate』(機器側)では瞬時に適正な音量になるように調整し、会話も音楽もほぼ同じ音量にななるように

  設計されております。

  そのため、『低い音の聞き取りにくい音でも自動で聞き取りやすく増強してしまう』というマイナス面もあり、音楽などの低音域が

  強くなってしまうため音が割れてしまうことがあります。ご了承ください。

…ああん?

音楽などの低音域で

嘘です

どんな音だろうが割れます

うぜーー。

そこで

回路を解析しました。

調べたところ、構成は
[AM/FMチューナーIC]->[イコライザ]->[A/D内蔵マイコン]
という風になっているようでした。

で、オシロで信号を調べたところ、チューナーを出たところでは別に割れてはいない。
ところが、A/Dに入る手前で見ると、振幅が大きくなるところで3.3Vに張りついている。つまり飽和してるわけですね。
要はイコライザのgainが高すぎるのが悪いわけです。

回路

そこで、イコライザ(基板裏)付近の回路を起こしてみました。

NV-UR001_mini

上が元の回路、下が改造後の回路です。

元々は低域強調か何かのために、OpAmpを使用したイコライザの回路になっているみたいですね。
ここのgainが高すぎるために、Ampが飽和し、音が割れてしまっています。

本当は入力を半固定VRで分圧して調整できるようにすればいいんですが、本体のサイズが小さく、VRを入れる余裕はなさそうな上に、パターンカットをやらなければならなくなりそうだったので、やめました。

そこで、次善の策として、イコライザ部分を単なる非反転増幅回路に改造することにしました。

本当はここの回路定数を調べて、元の回路と同じ増幅曲線を実現できればいいんですが、あいにくチップキャパシタには容量の表記がないため、諦めました。

定数は、

  • C9,C13 -> RC9,RC13=120k
  • C18,C19 -> RC18,RC19=220k

にしました。
この値なのは、あり合わせのチップ抵抗を使ったからです。若干gainが足りない感じなので、C9,C13は60~80kくらいでもいいかもしれません。

また、元の回路では少し余計にバイアスが乗っているようだったので、VccとGNDのちょうど真ん中に入力を吊るように、

  • R9,R15 -> 120k
  • R10,R16 -> 120k

としました。

以上の改造で、音割れもなく快適に聞けるようになりました。

続きを読む>>
comments (2) | trackbacks (0)

MonsterTV HDP2 Gold

例のHDP2 Goldを購入&導入しました。基本的なやり方等は他のサイトにあるので、既出だと思いながらも、ここでは気付いたことだけを。

  • HDUシリーズ(USB接続)に限らず、HDPシリーズ(PCI接続)のインターフェイスも内部的にはUSBになっている。
  • HDP2導入に当たっては、まずPCIバスと、実際のチューナーデバイス&Ir(リモコン)デバイスを接続するブリッジ(実際にはUSB 2.0 HUB)のドライバを入れなければならない。
    • 最初からuusbd.infで入れようとしてもだめ。まずマニュアルの通りにインストールを始めなければならない。
    • ネット上の導入方法解説では、まず公式ドライバを入れて動作確認をしてから〜となっているので、ここを気にする必要がなかった。
  • 導入に当たって一旦ドライバを削除せよという指示があるが、これは万全を期すため。
    • 実際は「ドライバの更新」でも大丈夫。
  • HDP2無印とHDP2 Goldの違いは付属ソフトとWindows Vista 64bit版対応?
  • HDP2では、放送のストリームはデバイス上でdecrypt(B-CASを使ったMULTI2暗号の解除)されてから送られる。
    • 従って、別途カードリーダを用意して〜とやる必要はない。
    • ここの辺りはPT1に対するアドバンテージ。

販売される度に混乱するようなこともなく、普通にネット通販で買え、かつB-CASを別途取り寄せたりする必要のないものが出てきたのだから、そりゃPT1も製造中止するってもんですよね。
BS/CS対応HDU/Pもいずれ出るでしょうし。

comments (0) | trackbacks (0)

AVGで"License number could not be fully verified"

AVG Free 8.5を長期間使用していると、突然 "License number could not be fully verified" なるエラーメッセージが出現することがあります。
これは再起動すると消えたりしますが、しばらくPCをつけていると、また出現してしまいます。
メッセージを読むと「このエラーは典型的にはインストールが壊れているときに出る」云々と書いてありますが、再インストールをしても再び出現することがあります。

再起動すれば直るので「まいっか」と思っていたのですが、調べたところ、オフィシャルのフォーラムにこの問題の解決法が載っていましたので、ここに紹介したいと思います。

AVG Free Forum :: AVG 8.5 Free Edition :: License number could not be fully verified
http://freeforum.avg.com/read.php?12,178190,183416

解決法は、AVGのメイン画面から[Tools]->[Advanced Settings...]->[Update]->[Manage]で[Delete temporary update files]を実行すること、だそうです。
(日本語版では「ツール」->「高度な設定」->「アップデート」->「管理」の「一時アップデートファイルを削除」)

avg-free-license-number.png

comments (0) | trackbacks (0)

一体何を「調査」しているのか?

もはや呆れて声も出ないのですが http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090209-OYT1T00850.htm

読売新聞社が6〜8日に実施した全国世論調査(電話方式)によると、麻生内閣の支持率は19・7%で、前回20・4%を下回り、初めて2割を切った。

不支持率は72・4%(前回72・3%)だった。

有効回答数が出ていないので分かりませんが、RDD方式の誤差は、一般的な1000人程度の調査で少なくとも±2%はあるとされています。
つまり、前回が実は18.4%で今回が実は21.7%である可能性もあるわけです。
アホですねこの記者は。

参考:『統計には誤差があるんですってば』http://workhorse.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/post_d27d.html

賛否の数字が出ているものを挙げると:

総額2兆円規模の定額給付金支給には「評価しない」が75%を占め

ソマリア沖の海賊対策への海上自衛隊派遣については「賛成」57%が「反対」32%を上回った。

海賊対策では、海自が外国船を守ることができない現状を改める新法制定の賛否を聞き、「賛成」59%が「反対」30%を上回った。

国家公務員の「天下り」と、天下り後に再就職を繰り返す「渡り」について、各省庁によるあっせんを今年中に禁止する方針を首相が示したことには79%が「評価する」と答えた。

定額給付金 ?% / 75%
ソマリア沖海自派遣 57% / 32%
海賊対策新法 59% / 30%
渡り禁止 79% / ?%

ほとんどの政策に賛成なのに支持率が低いって、一体この人たちは何を調査しているんでしょうね。

comments (0) | trackbacks (0)

cblsrv + FT2232 Mod + ISE10.1.2 Fix

Xilinx社のISEには、デバイスのプログラムやデバッグのためにiMPACTというソフトウェアが搭載されており、パラレルケーブルなどを用いてデバイスと通信することが可能です。

iMPACTにはリモートケーブルという機能が搭載されており、TCP通信で遠隔地のデバイスを操作することも可能になっています。このサーバーは、Xilinx社純正のCableServer.exe以外にもオープンソースの実装があります。

iMPACTはXilinx社のいくつかの書き込みケーブルにしか対応していないので、例えばFT2232を使ったUSB-JTAG変換装置をiMPACTから直接使うことはできないのですが、このサーバーをFT2232に対応させることでiMPACTから直接扱えるようにされた方がいらっしゃいます。

ところが、先日これをISE10.1.3から使おうとしたところ、fenrir氏のblogの中田さんのコメントのような症状が出てしまい、うまく使えませんでした。
そこで、これを解析して、ISE10.1.3からも使えるようにしました。ので、公開します。
ついでに、色々と怪しいところがありましたので、そこも修正しました。
変更点に関しては、ソースコードに //[[nakatomo]] とマーキングしておきましたので、興味がある方はdiffを取るなりしてみてください。

comments (0) | trackbacks (0)

定額給付金の混乱〜「世論」って?

以下は私があるblogの記事に対するコメントとして書いたものです。
超長文になってしまいましたので、そちらのコメント欄ではなくてこちらに掲載します。


[要旨]
「世論調査」は単なる人気投票に過ぎず、意味はない。政府はこのような数字に一喜一憂するのではなく、信じる政策を粛々と実行すべきである。
また、マスコミが麻生内閣を叩かないことはあり得ないのだから、同様に無視するべきである。


定額給付金には二つの側面があります。一つは経済対策で、もう一つは個人に対する緊急避難的な経済支援です。

前者の、消費拡大を目的とした経済対策という側面を考えれば、まず額が足りません。一人当たり1.2万円なんてケチくさいことを言わず、やるなら一人10万円くらい出すべきでしょう。
また、給付金ではなくて、期限付きの割引クーポン方式にするといったやり方の方が効率が良いでしょう。しかし、すると後者の目的が果たせなくなります。

ところが、後者にしても、あちこちから反対されたせいで迅速性を欠いてしまい、効果のほどは「微妙」といったところです。

さて、そもそも定額給付金は、当初は定率減税の復活でした。これは公明党によるサラリーマン層対策ですが、これだと所得税を納めている人に対してしか減税になりません。本当に困っているのは所得税も払えないような貧困層だろうということで、定率ではなく定額の給付金にしようと言い出したことから混乱が始まったのは記憶に新しいところです。

ねじれ国会の下(※ねじれを生んだのは国民自身の判断だということをお忘れなく)、あまり尖ったことをしようとすれば、野党は勿論、官僚、日教組、マスコミ、…、あらゆる勢力から袋叩きにされ、政権は持ちません。給付金の額も、本音を言えばもっと増やしたかったところでしょうが、歳出を増やすということは財務省と正面衝突するということです。
どうしても安全運転志向にならざるを得ない中にあって、公明党の宣伝不足は致命的でした。普通に考えれば、お金をもらえるのが嬉しくない人はいないはずですからね。

このように両手両足を縛られている中での定額給付金「狂想曲」だったと私は認識しております。民主党支持者の方ならば、ここで「政権にしがみつかずに解散しろ!」と仰るところでしょうが、よく考えれば、定額給付金は「無駄遣い」にはなり得ません。また、弱者救済という方向性自体は間違っていないと思います。

100年に一度の経済危機に当たっては、本来ならば野党も与党も一致団結して乗り切っていかなければならないはずです。ところが、野党は常に政局第一で、政府の足を引っ張り続けました。そしてマスコミがそれに加担した結果、本来はあった効果もなくなってしまいました。
再度強調しますが、官僚政治の打破を目標とし、国家公務員法の改正などを行った安倍元首相を引きずり降ろし、官僚の保護を選択したのは他ならぬ国民自身です。安倍内閣の「支持率」はおいくつでしたか?

勿論こんなものは国民の意思・世論ではありませんよね。大多数の国民にしてみれば「こんなはずじゃなかった」といったところでしょう:一方で公務員を叩きながら、もう一方で安倍内閣を叩くというのは矛盾しています。即ち、特定の政治勢力の主張を垂れ流しにするマスメディアによる「世論」は信用ならないのです。

技術的な問題もあります。例えば「あなたは定額給付金に反対ですね?」という質問だった場合、特に意見がない人はYesと答えるでしょう。こうした点で、外部機関によるチェックを受けているわけではありません。


追記です。今ちょっとRDD方式に関連して調べましたところ、面白いデータが出てきました。
総務省の発表 http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/080530_8.html によると、平成20年3月時点で、固定電話の加入数が5123.2万、IP電話が1753.5万、携帯電話が10733.9万らしいです。
世論調査で使われるRDD方式では、後ろの二つには電話はかかってきません……w

さて、これってどういうことでしょうね?私にはよくわからないなァ(棒


故に、「世論調査」は信用してはいけないのです。

また仮に、百歩譲ってその数字が正確に民意を反映していたとしましょう。それでも「世論調査」でいい数字が出るような政治をするというのは、他ならぬポピュリズム、大衆迎合政治であって、政治家はこれを厳に慎まなくてはならないと思います。

勘違いしてはならないのは、我々有権者は、決して特定の政策の実現のために政治家を選んでいるのではないのです;民衆は外交・安全保障より内政を重視しますし、時に短絡的です。今後数年だけではなくて、十年、百年と、文字通り「国家百年の計」を立てるのは一般国民には不可能でしょう。

つまり「世論調査・支持率調査はあくまでも人気投票であって、それで国家が混乱したり揺らぐようなことがあってはいけない」ということです。定額給付金なんて粛々とやってればいい話だったんです。

不必要に問題を大きくし、混乱を拡大させたのは……さて、ここまで来れば分かりますよね。

comments (2) | trackbacks (0)

麻生首相はなぜ叩かれるのか

忘れないようにまとめておきます。

まず現時点まで。
from http://2chcopipe.blog122.fc2.com/blog-entry-2894.html

86 名前: らっきょう(京都府)[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 20:27:41.58 ID:fwoTPW60

【麻生が首相になってやったもの】

・一次補正(済み)

・金融機能強化法案関連(野党の参議院待ち)

・日本領海拡大(済み)

・国連演説

・ワープアを正社員にした場合の補助

・テロ特措(野党の参議院待ち)

・派遣法改正(野党の参議院待ち)

・IMFへ外貨準備高から10兆円貸し出し

(民主はなぜかこのドル不安の中で準備高削ってドル売り宣言)

・二国間の経済支援要請をすべて拒否、今のところアイスランドと韓国×

(民主IMF批判してたが、なぜか特定国への2国間支援表明)

・ASEAN+3の通貨スワップ拡大を話していくことで合意、つまり韓国支援なし

・空売り、市場監視等強化

・政府が銀行のマネーロンダリングへの対応の甘さを指摘

 その翌日から、数件の経済ヤクザの逮捕

・G7での行動指針採択

・G20にて金融市場の透明化で共同合意

・日印安全保障協力共同宣言

 (民主小沢寝不足の為、シン首相との会談キャンセル

  <翌日青森で選挙の為の演説は実施>)

【安倍政権で行われ福田政権で止まっていたガサ入れ再スタート】

・朝鮮総連強制捜査(数十年脱税疑惑があったが放置されてきた在日商工会にメス)

・アーレフのガサ入れ

・革マル派の活動家ら11人逮捕

・大麻や麻薬等の摘発が増加 動いているのは厚生省の麻薬取締課、通称マトリ

【福田改造内閣幹事長時代】

・増税再建内閣に経済対策を持ち込む

・中小企業への銀行貸し出しに政府保証を入れる救済策(済み)

93 名前: 大阪白菜(群馬県)[] 投稿日:2008/12/02(火) 20:31:37.45 ID:vdJPnYK9

86

その間にぶらさがり記者連中のやったこと

・ホテルのバーの値段を調べる

・カップラーメンの値段を調べる

・解散を煽る記事を書く(新聞社が軒並み赤字のため、選挙広告費目当てで)

これだけ。まさにマスゴミ

IMFについて、某blogに私がコメントした(が消されたw)やつ

(1)

例の「10兆円」は税金ではありません。

あれは円売りドル買い介入で買いこんだドルで、その費用は政府が発行する債券で賄われています。つまり税金ではありません。借金です。

(2)

「10兆円」を国内に回すことはできません。

1000億USDを日本円に両替したら、今までの比ではない円高が起き、経済が混乱します。また、円が上がるのが分かるわけですから、ヘッジファンドなどが寄ってくることでしょう。

(3)

日本にはドルを支えないといけない事情があります。

それは、「10兆円」の出所である外為特別会計の資産が主に米国債で運用されているからです。ドルが暴落すれば資産が暴落し、(短期的)国益に適いません。

(4)

日本政府は外貨準備を減らそうとしています。

莫大な外貨準備を保有するということは、ドルが暴落するリスクをそのまま背負うわけです。中長期的には適正な水準まで減らす必要があるでしょう。

(5)

今回のIMF支援は「使えない」金の使い道として最適です。

アメリカに恩が売れ、IMFでの発言権が増し、更にIMFの融資条件の緩和を要請しましたから、新興国にも恩を売ることができます。何より、国がつぶれるという事態を回避することは、その国の住民だけではなく世界経済の安定に資することです。

(6)

貸した金はまず返ってくると思っていいでしょう。

IMFは厳しい取り立てを行うことで「悪名高い」ほどの組織です。厳しすぎてIMFには逆に金が余っている始末です。融資条件の緩和を要請しましたが、それは融資先の国に、従来のような画一的な「構造改革」を押し付けるのではなく、より柔軟な立て直し政策をとるべきだという話です。

(7)

融資すれば、IMFでの発言権を得る端緒になります。

別に現在の状態がベストだと思っているのではなく、日本としても勿論IMFでの発言権を得ようとするからこそ、融資をすることにしたのでしょう。

いきなり「ぶっ壊す」以外に、ソフトランディングする方法はいくらでもあるでしょう。

なぜマスゴミは麻生政権を叩くのか?

http://naigai.cside6.com/kiji/tokyokouen/asou.t.htm
より引用

... もう1点、考えてもらいたいことがある。それは広告税だ。広告費は無税であり経費で落ちる。交際費は100%課税されるが、広告費はゼロ。だが、両方とも営業行為にかわりはない。私は、広告費も交際費も、両方一律10%の課税が正しいと思っている。100万円飲んだら10万円は課税対象。実効税率50%として(税金は)5万円。同じく広告費も1億円出せば、それに対して課税は1000万円の半分、500万円。過去にこの話は全部つぶされたが、広告費をたくさん使っている企業に交際費とセットにして話を持ち込んだら、もれなく異論はなかった。 ...

マスゴミの窮状については
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/20628659.html
を参照。

また「週刊ダイヤモンド」12/6日号は、メディア(新聞+テレビ)の不況について詳しくレポートしています。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=20241120608

地デジについて。

テレビ離れが進む中、2011年にデジタル放送へ完全移行し、アナログ放送が止まってしまえばどうなるだろう。

デジタル放送を見るにはテレビを買い替えるだけではだめ(=チューナーを配るだけではだめ)で、場合によってはアンテナの立て直しも必要。そこまでしてでもテレビが見たいと言ってくれる人間が、果たしてどれだけいるのだろうか?

地デジ対応機材の出費もかさんでいるというのに…。

マスゴミを兵糧攻め中。

なぜマスゴミは定額給付金を叩くのか?

http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/21341189.html
より引用

亀レスだけど定額給付金について。

小沢が政権取る前にいわゆる「埋蔵金」を枯渇させるのが目的。実行して効果があるなら良し、なくても小沢政権にダメージ。民主党の党約の運営・韓国への朝貢の資金がなくなれば政権寿命が縮まるのは明白。それ故にマスコミ各社は実行を一生懸命阻もうとしている。もともと税金なんだから国民に返ってくれば総和は変わらないが、韓国に流れるのは阻止しなければならない。

2008/12/10(水) 午前 9:52 [ 水曜日 ]

民主党の経済対策(笑)は
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/20736859.html
を参照。

民主の親玉のSouth Koreaは
http://toanews.info/
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=3815942&tab=five
こんな状態。

三橋氏のblog「新世紀のビッグブラザーへ」でも何度か取り上げられています。
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/21065522.html
などを参照。

民主は、解散&総選挙で先走りすぎたせいで、金欠状態。
http://tamtam.livedoor.biz/archives/51077713.html

「解散する!」と見せかけて民主&South Koreaを兵糧攻め中。

まとめ

時間が経てば経つほど麻生さんは強くなる!

comments (0) | trackbacks (0)

asfmplex公開

空気になりつつある当blogですが、たまには更新しますかね。

Windows Media Encoderには、wmvとwmaをmuxする「ストリームエディタ」というツールが付属していますが、これはGUIベースなので、バッチ処理をやるには向いていません。
Wmcmd.vbsがあるんだからコマンドベースでやるのがあってもよさそうなもんですが、存在しない&探しても見つからなかったので、作りました。

当初は私家版ということで自分で使うためだけに作ったものでしたが、それなりに需要があるようなので、公開します。
エラー処理はそれなりにやっていますが、自分的には必要がなかった機能(進捗状況表示など)は省いています。

[2/11更新]
0.07cに更新しました:http://naknet.jpn.ph/software/bin/asfmplex-0.07c.zip
[/更新]

[12/10更新]
最新版は0.07bです:http://naknet.jpn.ph/software/bin/asfmplex-0.07b.zip
最新版はCRTを内蔵しているのでランタイムを入れる必要はありません。
[/更新]

[old]
こちらからどうぞ:http://naknet.jpn.ph/software/bin/asfmplex-0.06.zip

開発環境がVisual C++ 2008 SP1なので、ランタイムが必要です。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=a5c84275-3b97-4ab7-a40d-3802b2af5fc2&DisplayLang=ja
これを導入してください。
[/old]

使い方ですが、パラメタなしで実行するとhelpが出ますので、それを参照してください。

……というのもちょっと手抜きかなと思いましたので、使い方を例で示します。

WMVとWMAをMuxする場合

これが一番多い使い方ではないでしょうか。以下のようにするとこれを実現できます。
asfmplex video.wmv audio.wma output.wmv

出力するStreamを選択する

上の例では、video.wmvとaudio.wmaの全てのStreamがoutput.wmvに出力されます。
出力したいStreamを選択するときは、入力ファイル名の直後、?に続けてStreamの番号を指定してください。
例えば、source1.wmvの1番目のStreamとsource2.wmvの2番目のStreamをoutput.wmvに書きだす場合、以下のようにします。
asfmplex source1.wmv?0 source2.wmv?1 output.wmv

特定のStreamを抽出する

別にoutput.wmvには、必ず二つ以上のStreamを書き込まなければならないわけではありません。
これを応用すると、例えばWMVからオーディオだけを抽出することができます。
muxed.wmvの2番目のStreamがオーディオで、これを抽出するには
asfmplex muxed.wmv?1 output.wma
と打てばOKです。

ただ、Streamの番号が分からない場合もあると思いましたので、ver.0.06から、N番目のオーディオ・ビデオを選択できるような仕様を追加しました。
これを利用すると、muxed.wmvの最初のオーディオStreamを抽出する時は

asfmplex muxed.wmv?0a output.wma
とすることができます。
ビデオを選択する場合は a の代わりに v としてください。

複数のStreamの選択

また、カンマで区切ることで複数のStreamを選択することができます。
以下の例は、hoge.wmvからビデオを1つ、オーディオを1つ選択してfuga.wmvに書き出します。
asfmplex hoge.wmv?0v,0a fuga.wmv
スクリプトコマンドなどの不要なStreamを削除することができるでしょう。
続きを読む>>
comments (20) | trackbacks (0)
<< 2/33 >>